ユーザー登録
文字サイズ

こうほう佐倉 2020年1月15日号(1325号)

確定申告(1)

26/34

千葉県佐倉市

当日その場で専用パソコンや申告用紙で申告書を作成し、提出できます。作成に当たっては、税理士がサポートをしますので、初めてのかたも安心してご参加ください。

【無料申告相談の開催日時】
※駐車場は混雑します。できるだけ公共交通機関をご利用ください

■対象・申告できる内容
◇小規模納税者のかた
所得税および復興特別所得税・個人消費税

◇年金受給者・給与所得者のかた
所得税および復興特別所得税(住宅借入金等特別控除1年目、土地・建物・株式などの譲渡所得がある場合を除く)
※申告用紙の配布のみはできません。申告用紙が必要なかたは成田税務署へお問い合わせください
※確定申告には個人番号の記載と本人確認の手続きが必要です

■持ち物
[申告書作成のために必要なもの]
※控除証明書はコピー不可
・令和元年分の給与・年金の源泉徴収票(原本など)
・生命・地震保険料の控除証明書(原本など)
・国民健康保険税(料)・後期高齢者医療保険料・介護保険料の支払額がわかるもの(年間納付済額のお知らせまたは領収書など)
・国民年金保険料控除証明書(原本)または領収書(原本)
・申告者名義の預貯金口座の通帳
・印鑑(認め印可。スタンプ型印鑑は不可)
・税務署から送られた確定申告のお知らせはがきなど(該当者のみ)
・昨年度の申告書の控え
・計算機
・筆記用具

[本人確認のために必要なもの]
・個人番号(マイナンバー)確認書類(通知カード、個人番号が記載された住民票の写し など)
・本人確認書類(運転免許証、パスポート、年金手帳、在留カード など)
※「個人番号カード」は1枚だけで、本人確認が可能です
※本人以外のかた(代理人)が申告される場合は、本人の個人番号確認書類の写し、代理人の本人確認書類、代理権確認書類(委任状など)が必要です
※そのほか、申告内容により必要なものが異なります。詳細は成田税務署へお問い合わせください

問い合わせ:成田税務署 個人課税部門
【電話】0476-28-5151

■医療費控除や医療費控除の特例を申告するかたへ
令和元年分確定申告(令和2年度市・県民税申告)において、医療費控除または医療費控除の特例の申告には、「医療費控除の明細書※」または「医療費通知」(医療保険者が発行する医療費の額などを通知する「医療費のお知らせ」などの書類)が必要です。
申告をするかたは、あらかじめ医療費の合計額を計算したものをお持ちください。

※医療費控除の明細書
本人や本人と生計を一にする配偶者や親族のために支払った医療費または特定一般用医薬品等(スイッチOTC医薬品)の購入代価について、下記の[A]と[B]の事項が記載されたもの。用紙は国税庁ホームページ(【HP】http://www.nta.go.jp/)からダウンロード可

●[A]医療費控除
(1)支払った医療費
(2)診療等を受けた者の氏名
(3)診療等を行った病院や薬局などの名称
(4)保険などで補てんされる金額

●[B]医療費控除の特例
(1)特定一般用医薬品等購入費
(2)医薬品等の販売を行った薬局などの名称
(3)医薬品等の名称
(4)保険などで補てんされる金額

[注意事項]
・後日、税務署などから領収書の提出などを求められる場合がありますので、領収書は5年間保管してください。(医療費通知を添付した場合は保管不要)
・医療費控除の特例を申告する場合は、医療費の明細書に加えて、申告するかたが令和元年中に特定健康診査、予防接種、定期健康診断、がん検診のうち、いずれか一つを行ったことを明らかにする書類(健康診断の結果通知表や予防接種の領収書など)の添付または提示が必要です。

■国民健康保険税・後期高齢者医療保険料の年間納付済額をお知らせします
平成31年1月~令和元年12月に納付された保険税(保険料)額のお知らせは1月下旬(予定)に送付します。
※相談会までに発送が間に合わない場合があります。事前に納付額を確認したいかたは、担当課(下記)へお問い合わせください

問い合わせ:
▽国民健康保険税 収税課
【電話】484-6116

▽後期高齢者医療保険料 健康保険課
【電話】484-6136

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 佐倉市 〒285-8501 千葉県佐倉市海隣寺町97番地