ユーザー登録
文字サイズ

こうほう佐倉 2019年8月1日号(1314号)

フジテレビ月9ドラマ『監察医 朝顔』原作コミック漫画家・木村(きむら)直巳(なおみ)氏

9/53

千葉県佐倉市

現在放送中のフジテレビドラマ『監察医 朝顔』(月曜夜9時〜)。その原作コミックの作画を手掛けている漫画家が佐倉市で活動されています。木村氏は、東京都新宿区生まれで佐倉市育ち。小学校2年生の時に、石ノ森章太郎の「マンガ家入門」に出会い、漫画家を志しました。
高校1年生の時に漫画家デビューを果たし、様々なジャンルの漫画と魅力あふれるキャラクターを描き、好評を博しています。
今年で漫画家41年目を迎える木村氏にお話を伺いました。

▼ドラマ化が決まって
初めは信じられない気持ちでした。ドラマとは少し設定やストーリーが違うので、ぜひ原作漫画も読んでほしいです。

▼原作漫画の見どころ
昔ながらの風景がなくなりつつある今、日本の昭和の風景を描きました。漫画は全30巻で7年前に書き終えましたが、今に通じる社会問題などもテーマにしています。

▼佐倉への想い
佐倉は気候風土も良く住みやすいです。志津周辺の風景を参考に描いたものもあります。漫画一筋で活動してきたので、今後は漫画を描くことで貢献したいです。歴史ものや幕末が好きなので、順天堂などをテーマにした漫画を描けたらいいですね。

【木村 直巳】
昭和37年生まれ。昭和53年、「マンガ少年」に掲載の『最後の妖精』が新人賞佳作に入選し、デビュー。主な作品に『ダークキャット』、『イリーガル(原作:工藤かずや)』『監察医朝顔(原作:香川まさひと)』ほか。平成15年『てんじんさん』で第7回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。現在、「漫画『時代劇』」にて『銭形平次捕物控(原作:野村胡堂)』連載中。

◆読者プレゼント
監察医朝顔の漫画家・木村直巳氏のサイン色紙をプレゼント(2名様)
応募方法:Eメールまたは、はがき、ファクスで住所・氏名・電話番号を明記のうえ、〒285-8501 市役所広報課「こうほう佐倉」係へ
【FAX】486-8720
【メール】koho@city.sakura.lg.jp
締切:8月15日(木)(必着)

問合せ:広報課
【電話】484-6101

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 佐倉市 〒285-8501 千葉県佐倉市海隣寺町97番地