ユーザー登録
文字サイズ

こうほう佐倉 2019年7月15日号(1313号)

【明るく元気に取り組む 未来に向けたまちづくり】令和元年度市政基本方針(市長所信表明から)

1/49

千葉県佐倉市

西田三十五市長が、佐倉市議会6月定例会(6月17日〜7月10日開催)の初日に行った「所信表明」の主な内容を紹介します。「市民・議会・職員」が対話を通じて、心を一つに絆を結び、「オール佐倉」で、未来に向けたまちづくりに取り組みます。

■高齢化・少子化対策の推進
高齢者の皆さまが、将来にわたって住みなれたまちで、いきいきと、自分らしく、安心して暮らせるための施策を展開します。
佐倉の未来を担う子どもたちに対しては、「幼児教育の無償化」を適切に進めるとともに、保育施設の整備や保育人材の確保などにより、質・量ともに保育の充実を図ります。さらには、妊娠、出産から子育てまで切れ目のない支援を継続・充実させます。
[主な事業]
・高齢者見守り事業
・子育て世代包括支援センター事業
・子育て支援企画推進事業

■安定した行財政・市民サービスの充実
市民サービスの質を落とすことなく、安定した行財政運営を進めていくためには、自主財源の確保が重要
になります。また、歳出の削減策として、各事業については毎年度、費用対効果の検証による見直しを図り、無駄の無い、公正で効率的な行政運営を徹底します。
市民目線で開かれた市役所を実現します。
[主な事業]
・事務改善事業
・行政評価事業
・情報公開等事業

■安心、安全なまちづくり
近年多発している大規模地震や、異常気象による局地的豪雨など、市民生活を脅かす災害に対する備えについて、さらにスピード感を持って取り組みます。また、他市において頻発している痛ましい事件が市内で起こらないよう、警察など関係機関と協力して、犯罪を未然に防ぐ抑止対策や、子どもたちが安心してまちを歩けるよう、交通安全にも注力します。
[主な事業]
・排水路整備事業
・幹線道路整備事業
・交通安全施設整備事業
・地域防犯活動推進事業

■命と健康を守る施策の推進
市民の皆さまの健康を守るために、まず、健康診断の受診率向上を図ります。また、健康保持のためには、日頃からスポーツを身近に楽しめる環境の整備も重要なことから、岩名運動公園を始めとした運動施設の充実を図ります。
[主な事業]
・感染症等予防事業
・特定検診事業
・岩名運動公園拡張整備事業

■多様な価値観を受け容い れる「ふるさと佐倉」
入国管理法の改正などによる海外からの多様な人材を受け入れる態勢の整備のほか、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催を控え、国際化にも対応できる人材の育成にも努めます。
[主な事業]
・市民カレッジ活動事業
・スポーツ交流振興事業
・国際化推進事業

■産業、経済の活性化
市内既存企業の事業継承や事業拡大および、海外を含む市外からの起業・創業に対して積極的に支援を行うことによって、産業経済の活性化を図ります。また、ふるさと広場を核とした観光振興にも力を傾け、フラワーフェスタや花火大会などのイベントが開かれていない時期でもたくさんのかたがたが、佐倉を訪れていただけるような環境の整備を検討します。
[主な事業]
・起業支援事業
・農作物保全事業
・観光資源創出事業
・佐倉草ぶえの丘整備事業

■文化、歴史、自然環境を誇れる佐倉
佐倉には誇るべき歴史、自然、文化という資源があります。印旛沼に代表される自然環境は、貴重な佐倉の財産です。この貴重な印旛沼の水質浄化や、沼を取り巻く自然環境の保全に、私の県議会での経験も活かし、国や県とも協力して取り組みます。
また、日本遺産に代表される歴史的な町並みと、秋祭りを代表とする伝統文化を観光資源として活用します。
[主な事業]
・印旛沼浄化運動事業
・日本遺産活用推進事業
・佐倉城址公園整備事業

■多くの人材が育つ佐倉の教育
私は、「他者への思いやり」を持った子どもが育まれる佐倉の教育であって欲しいと思っています。今後とも、他者を思いやることができ、豊かな心を育む教育が実践され、いじめのない学校で、多くの子どもたちの才能が開花する佐倉の教育を目指します。
[主な事業]
・小学校、中学校施設改築、改造事業
・小学校、中学校情報機器整備事業
・いじめ防止対策推進事業

問合せ:企画政策課
【電話】484-3374

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 佐倉市 〒285-8501 千葉県佐倉市海隣寺町97番地