ユーザー登録
文字サイズ

こうほう佐倉 2019年4月1日号(1306号)

みんなの保健

16/44

千葉県佐倉市

【平成31年度予防接種】定期接種の対象のかたはお忘れなく
接種期間が平成31年4月1日〜平成32年3月31日の予防接種についてご案内します。

◆高齢者肺炎球菌予防接種
対象者:肺炎球菌予防接種を受けたことがないかたで、(1)または(2)に該当するかた
(1)年齢が、平成31年度内に65・70・75・80・85・90・95・100歳になるかた(100歳以上のかたも含む)
(2)接種日時点で60歳〜64歳の心臓・腎臓・呼吸器の障害または免疫障害で、身体障害者手帳1級のかた
費用:3000円(市予診票を利用した場合の自己負担額)
※(1)の65歳のかたには、4月初めに予診票を郵送します
※(1)の70歳以上のかた、(2)のかたで接種を希望する場合はお問い合わせください

◆第2期麻しん風しん混合(MR)予防接種
対象者:保育園・幼稚園年長児(平成25年4月2日から平成26年4月1日生まれ)
費用:無料(市予診票を利用した場合)

◆日本脳炎経過措置について
対象者:平成11年4月2日〜平成19年4月1日生まれのかた
接種勧奨の差し控えにより日本脳炎予防接種を受けることができなかったかたは、経過措置として20歳未満まで定期の予防接種として日本脳炎の未接種分を接種できます。
◎未接種分の接種を希望されるかたへ
経過措置用の予診票を配布していますので、母子手帳を持参の上、近くの保健センターにお越しください。

◆予防接種の相談は健康管理センターへ
予防接種の受け方や、予防接種後の副反応と思われる症状など心配がありましたら、ご相談ください。
◎副反応とは?
予防接種の目的は、病原体に抵抗する免疫をつけることです。しかし、接種後、時に本来の目的と異なる、身体に好ましくない症状がみられることがあり、これを副反応と言います。ワクチンの副反応は軽いものから重いものまでさまざまです。
例えば、軽いものでは、接種した部位の赤みや軽度の発熱です。通常、数日以内に自然に治るので心配の必要はありません。
重いものには、合併症や病気の発症などがあります。発生はまれですが、重症の副反応は健康被害と言われます。また、「紛れ込み反応」と呼ばれるものもあります。
予防接種を受けたしばらく後に、何らかの症状が出現すれば、予防接種が原因ではないかと疑われることがあります。しかし、たまたま同じ時期に発症した、他の感染症などが原因で起こる場合もあり、ワクチンが原因と断定できない例も多くあります。

◆長期療養で機会を逸したかたへ
定期予防接種の対象年齢であった間に、長期療養などの理由で予防接種を受けられなかった場合には、定期接種としてワクチン接種を受けることができる場合があります。
※詳細はお問い合わせください

予防接種の問合せ:健康管理センター
【電話】485-6711

■80歳になっても20本以上自分の歯を保とう
食べ物をよくかんでおいしく味わったり、会話を楽しんだり、健康で豊かな生活を送るためには、お口の健康を保つことが大切です。
子どものころから、むし歯予防の生活習慣が身につけば大人になっても、それが歯周病の予防につながり、やがては8020の達成へとつながります。また、8020を達成できなかったかたも、きちんと噛むことができる義歯(入れ歯)などを入れて、お口の中の状態を良好に保つことで、充分に日常生活を楽しむことができます。

・佐倉市8020達成者 53.3%(平成29年度市民健康意識調査)

□8020を達成するために〜健康なお口は、日々の手入れから〜
・よくかんで、ゆっくり食事をしましょう
・かかりつけ歯科医院で定期健診を受けましょう
・ていねいに歯をみがきましょう
※歯間ブラシやデンタルフロスを使うと効果的です

□よくかんで食べる工夫
・1口30回を目安に、ゆっくり味わって食べる(食べ物を口に入れたら、箸を置いて食べる)
・姿勢を整える
・かみごたえのある食べ物(根菜類、魚介類、乾物など)を取り入れる
・具材を大きく切るなど調理方法を工夫する
・飲み物で流し込まない

【募集】よい歯のコンクール出場者&歯・口の健康啓発 標語
●よい歯のコンクール
日時:5月12日(日)午前中
要申し込み
場所:健康管理センター
対象:
・高齢者の部⇒80歳以上で自分の歯が20本以上あり、過去に参加したことのない市内在住のかた(4月1日現在。差し歯なども可)
・親子の部⇒平成30年度に3歳児健診を受診した幼児と父母のどちらかで、ともにむし歯のない市内在住のかた(父母は治療してあれば可)
※健診時に申し込まれたかたには、4月上旬に案内を郵送します
申し込み:電話で
締め切り:4月24日(水)

●歯・口の健康啓発標語
対象:市内在住・在勤・在学のかた
申し込み:作品、住所・氏名・年齢・職業・電話番号を記入の上、郵送または持参で、〒285-0825 江原台2-27 健康管理センターへ
締め切り:4月24日(水)

問合せ:健康管理センター
【電話】485-6712

【お知らせ】
●カウンセラーによるこころの健康相談
日時:4月16日(火)午後1時50分〜4時(1人40分)
要申し込み・無料
場所:西部保健センター
対象:こころの悩みを臨床心理士に相談したい市民のかた
※完全予約制。予約時に電話で問診あり
※投薬や診断、治療目的のカウンセリングはできません
申し込み・問い合わせ:西部保健センター
【電話】463-4181

●不妊に関する相談
日時:偶数月の第2木曜日の午後
要申し込み・無料
会場:印旛健康福祉センター(印旛合同庁舎内)
内容:不妊で悩むかたに不妊に関する一般的な相談や不妊治療・不育症に関する情報提供、医療面での相談
※事前予約制(1回3件まで)、相談日の3日前までに予約のない場合は中止となる場合があります
申し込み・問い合わせ:印旛健康福祉センター地域保健課
【電話】483-1135

**********
問合せ:
健康管理センター【電話】485-6711【FAX】485-6714
西部保健センター【電話】463-4181【FAX】463-4183
南部保健センター【電話】483-2812【FAX】483-2813

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 佐倉市 〒285-8501 千葉県佐倉市海隣寺町97番地