ユーザー登録
文字サイズ

こうほう佐倉 2019年4月1日号(1306号)

【特集】佐倉の〝いいところ〞再発見!

2/44

千葉県佐倉市

≪大型連休何しよう≫
待ちに待った、ゴールデンウィークまでもうすぐ。
遠出もいいけれど「自然あふれる佐倉」「歴史のまち佐倉」の魅力を発見しませんか。

■印旛沼周辺で遊ぼう!!
~新緑の季節、さわやかな陽射し、風を感じに行きませんか~

(1)印旛沼サンセットヒルズ
眺望が魅力のサンセットヒルズがパワーアップ!広大な印旛沼と周辺の原風景をさらにワイドに見渡すことができるようになりました。新緑のサンセットヒルズでバーベキューやキャンプが楽しめます。

問合せ:印旛沼サンセットヒルズ
【電話】484-1011

(2)佐倉草ぶえの丘
新たな施設「シェアハウス」が5月1日にオープン!家族で1日遊んだ後、そのまま宿泊。園内には農産物の直売所もあり、新鮮な野菜を買って調理することができます。自然の中を爽快に駆け抜ける全長1.1kmのミニ鉄道の乗車やふれあい動物園でヤギやポニーとふれあうことができ、アウトドアを思いっきり楽しめます。
※シェアハウスや関連記事は本紙11ページに掲載
[利用案内]
開園時間:午前9時~午後5時(入園は午後4時まで)
入園料:大人410円、小・中学校100円 ※未就学児は無料

問合せ:佐倉草ぶえの丘
【電話】485-7821

(3)佐蘭花
(4)マルシェかしま
佐倉ふるさと広場の売店「佐蘭花(さらんか)」と広場の向かいにある農産物直売所「マルシェかしま」では、佐倉産の牛乳を使用したソフトクリームが絶品です。
新鮮野菜、地元の土産品の販売もありますので、ぜひお越しください。

問合せ:
佐蘭花【電話】486-8898
マルシェかしま【電話】310-7790

(5)印旛沼観光船
観光船に乗って、いつもとは違う印旛沼の景色を見ませんか。
4月27日(土)からは、イベント時以外でもお楽しみいただけるようにルートを変更します。
運航日:4月27日(土)、28日(日)、5月4日(土)、5(日)
※チューリップフェスタ期間中は、運行形態が異なります

(6)印旛沼サイクリングロード
雄大な印旛沼、田園風景、新緑の大自然の中でサイクリング。
レンタサイクルもあるので、気軽に楽しめます。珍しい二人乗り自転車のタンデム自転車もレンタルできます。
【レンタサイクル】
時間:午前9時~午後4時(一部午前10時~午後5時)
料金:1日500円(電動アシスト自転車は1日1000円、タンデム自転車(2人乗り自転車)は2時間1500円、1日4000円)

問合せ:佐倉市観光協会
【電話】486-6000

(7)佐倉ふるさと広場
~四季折々の花と、夏には花火が楽しめます~

■城下町佐倉の歴史をめぐる
~江戸時代にタイムスリップ!日本遺産の文化財を巡ってみませんか~

(1)佐倉城址公園
日本100名城にも選ばれている佐倉城址公園。
桜の季節も華やかですが、緑が美しい新緑の季節に、城址公園を散策してみませんか。

(2)国立歴史民俗博物館
3月にリニューアルオープンした第1展示室「先史・古代」。ここでは、日本列島に人類が出現した、3万7千年前から古代国家「日本」が成立し、中世の姿を見せ始める10世紀までの約3万6千年間を、ジオラマや模型を使って分かりやすく紹介。歴博の先端的研究が明らかにした、歴史を確かめに行きませんか。
開館時間:午前9時30分~午後5時(10月~午後4時30分閉館、入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日休館、ただし4月1日は開館)
観覧料:一般600円、大学生250円、高校生以下無料
※企画展示中は、料金が変更になる場合があります
問合せ:ハローダイヤル【電話】03-5777-8600

(3)佐倉順天堂記念館
佐倉順天堂は、蘭医・佐藤泰然が天保14年(1843)に開設した医塾兼診療所です。
近代医学発祥の地のひとつと数えられ、幕末~明治の医学史に関する貴重な資料が展示されています。
【施設案内】
時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は火曜日)、年末年始(12月28日~1月4日)

問合せ:【電話】485-5017

(4)旧堀田邸・さくら庭園
国重要文化財の旧堀田邸は、最後の佐倉藩主であった堀田正倫(ほったまさとも)が、明治23年(1890)に設けた邸宅・庭園です。旧大名家の気風を今に残す邸宅から見る新緑の庭園を見て、贅沢なひと時を過ごすことができます。
【施設案内】
時間:午前9時30分~午後4時30分(入館は午後4時まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は火曜日)、年末年始(12月28日~1月4日)

問合せ:【電話】483-2390

(5)武家屋敷
関東最大級の武家屋敷群でサムライ文化を堪能しませんか。
土塁や生け垣にも城下町の面影が残る宮小路字鏑木小路の通りでは、かつての佐倉藩士が暮らした3棟の武家屋敷が公開されています。

【施設案内】
時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は火曜日)、年末年始(12月28日~1月4日)

問合せ:【電話】486-2947

※(3)(4)(5)の3館では、4月29日(月・祝)、5月5日(日)に普段は公開していない場所や資料を特別公開しています。(詳細は本紙10ページ参照)

◎佐倉城下町周辺マップ
佐倉市は、成田市・香取市・銚子市と共に、「北総四都市江戸紀行・江戸を感じる北総の町並み」として日本遺産に認定されています。

◎サムライの古径 ひよどり坂
「旅人大賞」特別賞(LINEトラベルjp)を受賞し、大手メディアでもたびたび取り上げられている、今話題のSNS 映えスポット!

◎「さくらめぐり」
おすすめスポットやグルメ、おみやげはこちら!
【HP】http://www.city.sakura.lg.jp/sakura/meguri/

問合せ:産業振興課
【電話】484-6146
フェイスブック「佐倉市シティプロモーション」
【HP】https://www.facebook.com/sakuracity.pr/
ツイッター「カムロちゃん」
【HP】https://twitter.com/kamurochan

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 佐倉市 〒285-8501 千葉県佐倉市海隣寺町97番地