ユーザー登録
文字サイズ

こうほう佐倉 2019年3月1日号 子育て支援特集号

【小学生~】学んで、遊んで、のびのび元気

8/8

千葉県佐倉市

◎小学生の予防接種
(予防接種の予診票は、お誕生月の末日に発送します)

小学校入学

●日本脳炎2期
接種回数1回(1期終了後、5年の間隔)
対象年齢:9〜13歳未満

●2種混合
ジフテリア・破傷風の予防⇒接種回数1回
対象年齢:11〜13歳未満

小学校卒業

◎お子さんを預けたいとき
▼学童保育(小学1〜6年生)
学童保育所は、保護者が仕事や出産、病気などで、放課後に家庭で保育ができない児童の遊びや生活の場です。
放課後児童支援員が、子どもたちを保育し、健やかな成長と自立を支援します。
学童保育所は、市内33か所(公立30か所・私立3か所)あります。
受付期間:入所希望月の前月1日〜15日
4月入所の受付は12月の「こうほう佐倉」でお知らせしています。

問合せ:子育て支援課
【電話】 484-6139

▼病児・病後児保育 (生後6か月〜小学6年生)

問合せ:子育て支援課
【電話】484-6415

▼ファミリーサポートセンター(生後57日〜小学生)

問合せ:佐倉市ファミリーサポートセンター
【電話】488-1270

◎学ぶ・遊ぶ・集う場所
▼ヤングプラザ(子ども〜若者)
お友だちとおしゃべりしたり、色々なイベントに参加したり、気軽に集える居場所です。

問合せ:ヤングプラザ
【電話】484-6431

▼児童センター・老幼の館(乳児〜18歳未満)

▼図書館(幼児〜)~本との出会い
おはなしきゃらばんや、楽しい絵本の読み聞かせや紹介をしています。
調べ学習にもおすすめ! 活用してね。

▼公民館~楽しく学ぼう
ものづくりや体験教室、社会見学会など、子どもの好奇心・探究心を引き出す教室がもりだくさんです。長期休みには、映画鑑賞会も開催! どんどん参加してね。
※各種事業は「こうほう佐倉」等でお知らせします

◎休日夜間の急病は…
■健康管理センター内の医療機関
受診の際は、子ども医療費助成受給券・保険証を忘れずに!

▼小児初期急病診療所(小児内科)
【電話】485-3355
毎夜間受付:午後7時〜午前5時45分
※日曜・祝日・年末年始(12月29日〜1月3日)は、上記のほかに、午前9時〜午後4時45分も受付

▼休日夜間急病診療所(内科・歯科)
【電話】239-2020
日曜・祝日・年末年始(12月29日〜1月3日)受付:午後7時〜午後9時45分(内科・歯科)

■休日当番医テレホンサービス(昼間の内科・外科・歯科、夜間の外科)
【電話】484-2516
日曜・祝日・年末年始(12月29日〜1月3日)
午前8時30分〜午後10時(自動音声による案内)、市ホームページでもお知らせしています

■こども急病電話相談(県医師会)
【電話】#8000 毎日
受付:午後7時〜午前6時

●就学支援
▼就学援助制度(小学生〜中学生)
経済的な理由によって、就学困難な児童・生徒の学用品・通学用品などの費用を一部援助します。

問合せ:学務課
【電話】484-6186

▼高等学校等奨学金制度(高校生)
経済的な理由によって高等学校等(通信制を除く)で修学することが困難な高校生に対して、一定の条件のもとに授業料以外にかかる学資の一部を支援します。返済の必要はありません。
条件:
・中学校卒業時の全教科平均値が5段階3.0以上
・前年の所得が一定の基準に達していない など
対象期間:通算して3年間が限度
奨学金額:年間8万円が上限
※千葉県の高等学校等奨学のための給付金が支給される場合には、給付金相当額を減額

問合せ:教育総務課
【電話】484-6182

▼生活福祉資金貸付制度・教育支援資金(高校、専門学校、短大、大学生)
低所得世帯の就学者に、就学に必要な費用を貸し付けます。
※他制度が優先で、審査があります
(1)教育支援費 …就学するために必要な授業料等の費用
(2)就学支度費 …入学するために必要な入学金、制服・教材など購入費用

問合せ:佐倉市社会福祉協議会
【電話】484-6200

【ひとりで悩まないで】

◎緑あふれる佐倉でのびのび子育て
●「近居」のための費用を支援
成人したお子さんの世帯が、実家の近くで生活する「近居」を提案します。
市では、親と子が近居や同居をする際の住宅購入費や新たに購入した中古住宅のリフォーム費用を補助し、「近居」をするかたを応援しています。
補助金額:
(1)近居・同居住み替え支援事業 住宅取得費の2分の1(最大50万円)
※平成30年11月から近居の条件が拡充され、市内全域が近居の対象範囲となりました
(2)中古住宅リフォーム支援事業
新たに購入した中古住宅のリフォーム費用の2分の1(最大50万円)
※着工済み不可

●若者世帯・子育て世帯への家賃補助(新規事業)
戸建ての賃貸住宅に入居した若者世帯・子育て世帯に家賃の補助を行っています。
補助対象:
▼新たに戸建て賃貸住宅を契約したかた(更新契約、共同住宅不可)
▼夫婦どちらかが40歳未満もしくは18歳未満のお子さんを育てている世帯
補助金額:毎月の家賃の3分の1(上限2万円×最大24か月)
※詳細はお問い合わせください

問合せ:住宅課
【電話】484-6168

◎障害のあるお子さんの支援
▼障害者手帳の交付
▼特別児童扶養手当
▼障害児福祉手当
▼佐倉市心身障害児福祉年金
▼重度心身障害者・児医療費助成(中学卒業後〜)
▼自立支援医療(育成医療・精神通院)
▼障害福祉サービスや児童通所支援サービスなど
※詳細はお問い合わせください

問合せ:障害福祉課
【電話】484-6137

【ひとり親家庭のための支援】

問合せ:児童青少年課
【電話】484-6140

■佐倉市ひとり親等ファミリーサポートセンター利用料助成事業
ひとり親等のかたが、佐倉市ファミリーサポートセンターを利用した場合、その費用の一部を助成します。
※要事前登録

問合せ:子育て支援課
【電話】484-6246

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 佐倉市 〒285-8501 千葉県佐倉市海隣寺町97番地