ユーザー登録
文字サイズ

こうほう佐倉 2019年12月1日号 障害福祉特集号

【障害福祉特集号】(3)手当・医療費助成_2

5/16

千葉県佐倉市

【安心した生活のサポート】
■日常生活自立支援事業
地域で暮らす高齢者や障害者のかたの日常生活に必要なお金の管理や福祉サービスの利用支援です。

問い合わせ:佐倉市社会福祉協議会
【電話】484-0698

■所得税・住民税の控除(障害者控除対象者の認定)
対象:65歳以上で、介護保険の認定が要介護1〜5で、障害高齢者・認知症高齢者の日常生活自立度がランクAまたは2.以上のかた

問い合わせ:高齢者福祉課
【電話】484-1771

■生活福祉資金貸付
対象:低所得世帯、障害者世帯、高齢者世帯
※貸付条件や貸付限度額、利子等は資金の種類により異なります。詳細はお問い合わせください。

問い合わせ:佐倉市社会福祉協議会
【電話】484-6200

■障害年金
障害の程度や保険料の納付状況など、一定の要件を満たすと、国民年金や厚生年金保険の障害年金を受けることができます。
※要件や請求手続きなど詳細は、お問い合わせください

問い合わせ:日本年金機構
【電話】0570-05-1165

■各種サービス
[緊急時・災害時]
・災害時「避難行動要支援者名簿」掲載
・緊急通報装置の貸与
・緊急通報登録

[割引など]
・新マル優制度
・携帯電話料金の割引
・NHK放送受信料の減免
・佐倉市営自転車駐車場利用料金の減額等

[視覚障害]
・点字・録音広報の発行

[聴覚障害]
・手話通訳者・要約筆記者の派遣
※各窓口の確認は、障害福祉課へお問い合わせください

■成年後見制度
◇法定後見制度
《判断能力が不十分になってしまったら…》
家庭裁判所によって、援助者として成年後見人などが選ばれる制度です。

問い合わせ:千葉家庭裁判所佐倉支部
【電話】484-1244

◇任意後見制度
《判断能力が不十分になる前に…》
「誰に」、「どのような支援をしてもらうか」をあらかじめ契約により決めておく制度です。

問い合わせ:成田公証役場
【電話】0476-22-1035

【判断能力が不十分な人の暮らしを守る 佐倉市成年後見支援センター】
認知症、知的障害、精神障害などによって物事を判断する能力が十分でないかたの財産や生活を守り、支援する成年後見制度に関する相談を受け付けています。
※司法書士による無料の「成年後見に関する専門相談」は「こうほう佐倉」毎月1日号の暮らしの相談でお知らせします

開所日:
月〜金曜日(祝日、年末年始除く)
午前8時30分〜午後5時15分
場所:市社会福祉センター2階 佐倉市社会福祉協議会

問い合わせ:成年後見支援センター
【電話】484-1288

【問い合わせ】
▽障害福祉課
【電話】484-4164
【FAX】484-1742

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 佐倉市 〒285-8501 千葉県佐倉市海隣寺町97番地