ユーザー登録
文字サイズ

こうほう佐倉 2018年12月15日号(1299号)

✿第3次佐倉市地域福祉計画 中間報告より「地域の支え合い、助け合い」

12/44

千葉県佐倉市

【第6回(最終回)】視覚障害者への音訳ボランティア

佐倉市こおろぎの会は、視覚障害者のかたへの情報提供として録音物(CD)作りを行っている音訳ボランティア団体です。約44年前、発起人のかたが、目の不自由な知人から「広報紙などを読んでほしい」と頼まれたことをきっかけに、立ち上げられました。
同会では現在、「こうほう佐倉」など4種類の広報紙を音訳・録音したCDを視覚障害者のかたに郵送しています。音訳の際は、地名や人名、難読語などを調べ、読み間違いに注意されているそうです。
広報紙の音訳は、班に分かれて行っています。広報紙発行日に、担当班がだれがどのページを読むか、紙面を割り振り、各自、下調べを行います。翌日には録音・郵送することで、発行日の2日後には利用者の手元に届きます。
また、温かみのある内容を心がけている自主製作の音声雑誌「月刊こおろぎ」を発行し、個人からのリクエストを受けて家電の説明書なども音訳しています。
また、デジタル録音では、目次を作り、聞きたい内容がすぐに探せるように工夫しています。頭出しも可能なため、広報紙の音訳では、休日夜間急病診療所などの緊急時に必要な情報は、最後にまとめて録音しています。
こおろぎの会のかたは「今後も、視覚障害者のかたに少しでも早く正確な情報をお届けできるよう努力していきます」と話しています。
〜おわり〜

問合せ:社会福祉課
【電話】484-6135

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 佐倉市 〒285-8501 千葉県佐倉市海隣寺町97番地