ユーザー登録
文字サイズ

こうほう佐倉 2018年1月1日号(1276号)

謹賀新年 ~わがまち佐倉 魅力あふれるふるさと~

1/48

千葉県佐倉市

■佐倉市の魅力を活かしたまちづくりに向けて
佐倉市長 蕨(わらび)和雄

新年おめでとうございます。市民の皆さまにおかれましては、希望に満ちた新春をお迎えのことと心からお慶び申し上げます。
昨年は、喫緊の課題である人口減少と少子高齢化に対応する施策として長年の目標の一つでした「待機児童ゼロ」を達成するなど、各種施策がこれまでを基礎として大きく飛躍を遂げました。
本年は、『第四次佐倉市総合計画後期基本計画』、また同計画の重点施策であります「まち・ひと・しごと創生総合戦略」も残すところ二年となりますので、佐倉市の持つ魅力を最大限に活かし、市民の皆さまが住んでよかったと思える取組みを充実させ、成果として形にしてまいりたいと存じます。
具体的には、待機児童ゼロを維持するため、保育園の整備助成など、たゆまぬ努力を続けてまいります。また、高齢者施策につきましては、高齢者の意思を最大限に尊重した「地域包括ケアシステム」の構築に努めてまいります。
そして、大震災対策や局地的豪雨等の自然災害対策も着実に進めてまいります。
さらに、周辺自治体や関係団体とも連携し、印旛沼周辺や佐倉城址公園、新町通り周辺その他観光資源の魅力向上に努めてまいります。佐倉市が「選ばれるまち」となるため、引き続き、市民の皆さまのご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
結びに、新年にあたり、皆さまのご健勝とご多幸を心からお祈り申し上げます。

■魅力ある住みよいまちに
佐倉市議会議長 櫻井道明

謹んで新年のごあいさつを申し上げます。市民の皆さまにおかれましては、新しい年の幕開けを心健やかにお迎えのことと心よりお慶び申し上げます。平素は、市議会の活動に対しまして、深いご理解とご協力を賜り厚くお礼申し上げます。
さて、佐倉市は、平成28年4月に成田市、香取市、銚子市とともに、「北総四都市江戸紀行・江戸を感じる北総の町並み」として日本遺産に認定され、県や他の自治体ともに、その周辺整備やPR活動に取り組んでいるところです。当市は、成田国際空港から近く、また、2020年には東京オリンピック・パラリンピックが開催されますことから、これを機に、佐倉市の歴史的資産を積極的に活用し、国内外に発信することで観光事業の推進と、交流人口の増加、ひいては地域経済の活性化につながるような施策を推進してまいります。
また、わが国は世界でも類を見ない速さで高齢化が進んでおり、当市においても、少子高齢化の加速と人口減少が最も重要な課題となっております。人口減少に歯止めをかけるため、子育てしやすい環境の整備と、市民の誰もが生きがいを持ち、暮らしやすいまちとなるよう、様々な施策を推進していかなければなりません。
市議会といたしましては、市民の代表機関として一層の権能強化に努め、佐倉市が魅力のある住みよいまちとなるよう努力してまいりますので、皆さまには、引き続きご理解とご協力をお願い申し上げます。
結びに、本年が皆さまにとりまして幸多き年になりますようご祈念申し上げまして、年頭のご挨拶といたします。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 佐倉市 〒285-8501 千葉県佐倉市海隣寺町97番地