ユーザー登録
文字サイズ

こうほう佐倉 2017年10月15日号(1271号)

~自然の恵みをいっぱいに受けた~ 佐倉育ちのおいしい農産物

1/58

千葉県佐倉市

■佐倉の農業
佐倉市は都市近郊にあり、気候や土壌にも恵まれていることから、多彩な農作物が生産されています。
佐倉の農業の特色としてあげられるのが「スーパー水田」です。営農の効率化および耕作利用率の向上を目指した、日本一の区画を誇る水田で、佐倉ふるさと広場周辺に整備されています。
また、千葉県内2位の生産量を誇るのが「やまといも」。佐倉の土壌は栽培佐倉の農業に適しており、粘り気が強い白く品質の良い大和芋が育ちます。
佐倉はおいしい「トマト」の産地です。サイズも豊富で、さまざまな品種があり、年間を通して生産されています。市内直売店では、人気商品のひとつです。
そのほか、市では6次産業(1次生産+2次加工+3次販売)を促進しており、佐倉産の野菜などを市内で加工・販売できるよう進めています。

■地元の野菜を地元で消費(地産地消) 学校給食・直売所
「佐倉で取れた産物を、佐倉で消費しよう」という取り組みの一環として、市内小中学校の学校給食で提供するお米は、佐倉で収穫したものを100%使用しています。佐倉の新鮮な野菜を使ったメニューも取り入れています。
また、市内には農産物直売所が9か所あり、旬の佐倉産農産物を買うことができます。
それぞれの直売所によって、地域の特色や個性を生かした運営がなされています。ぜひお立ち寄りいただき、佐倉産の果物や野菜を味わってみませんか。
直売所】:・JA千葉みらい農産物直売所野菜畑佐倉店
・佐倉きのこ園
・やとみ直売所
・和田あぐりマーケット
・農産物直売所樫の木
・佐倉草ぶえの丘直売所
・マルシェかしま
・金子牧場
・Grace Harvestオーガニック
※場所など詳細は市ホームページ http://www.city.sakura.lg.jp/0000004736.html で

■水稲農家と畜産農家が連携しています WCS(ホールクロップサイレージ)
「WCS」とは、水稲農家が作った稲の茎と葉を発酵させて製作する飼料で、市内の畜産農家に供給され、安定的な飼料確保につながっています。主食用米の需要が減少するなか、耕作放棄地が解消されています。
WCSの供給を受けた畜産農家から、水稲農家に堆肥が提供されることによって、地域内の資源循環が図られています。
市では、WCSの生産に必要となる機械導入への支援、WCSに取り組みたい水稲農家とそれを活用したい畜産農家への情報提供などを実施し、連携を促進しています。

■新たに農業を始めたいかたを応援します 農業者補助事業
市では、市内で新たに農業を始められるかたへ、必要な機械や資材の購入の経費や、農地を借りる場合の経費などを補助する農業振興補助金があります。就農に係る計画作成のアドバイス、農地や農家住宅の情報提供など、さまざまなサポートをしています。そのほか、国などによる補助制度もあります。平成18年から新規就農者の受け入れを始め、今まで33農家が誕生しています。
新規就農されたかたの、畑などで収穫した新鮮な生産物を、直売所で販売したり、障害者支援施設でパックに詰め、希望者に配達する「ユニバーサル農業さくら野菜お届け便」を行っています。「お届け便」は、障害のあるかたの就労機会の拡大と、新規就農者の販路として機能しています。
平成23年に立ち上げた「佐倉市新規就農者の会」は、新規就農者相互のコミュニケーションを図る場となっています。
東京大学農学部学生の宿泊体験学習にもご協力いただき、学生の指導にあたっていただきました。(写真…8月)

◆農業者と畜産業者を対象とした補助事業もあります
市では、新規就農者を対象とした助成制度以外にも、農業者と畜産業者を対象とした補助事業を実施しています。
「新たな農産品を創出したい」、「経営規模を拡大したい」、「安定した生産を行いたい」、「生産の効率化を図りたい」、「生産コストの削減を図りたい」など、希望のあるかたはご相談ください。

■農業生産工程管理(GAP)に取り組んでみませんか
GAPとは、農場にとってリスクにつながる気をつけるべきポイントを「食品安全」「環境保全」「労働安全」の視点でチェックし、さまざまなリスクが起こらないように改善していく農場管理手法のことです。
東京オリンピック・パラリンピック(2020年)をきっかけとして、実需者が生産者にGAPの取り組みを求める機会が増えることが想定されます。GAPに取り組むことで、農業経営の問題点が明らかになり、効率化や、リスク回避などに有効となりまり、農業者自身を守ることにもつながります。手続きをすることにより、GAP認証を取得することができます。

問合せ:農政課
TEL/484-6142

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

非公開: こうほう佐倉 2017年10月15日号(1271号)

~自然の恵みをいっぱいに受けた~ 佐倉育ちのおいしい農産物

1/58

千葉県佐倉市

■佐倉の農業
佐倉市は都市近郊にあり、気候や土壌にも恵まれていることから、多彩な農作物が生産されています。
佐倉の農業の特色としてあげられるのが「スーパー水田」です。営農の効率化および耕作利用率の向上を目指した、日本一の区画を誇る水田で、佐倉ふるさと広場周辺に整備されています。
また、千葉県内2位の生産量を誇るのが「やまといも」。佐倉の土壌は栽培佐倉の農業に適しており、粘り気が強い白く品質の良い大和芋が育ちます。
佐倉はおいしい「トマト」の産地です。サイズも豊富で、さまざまな品種があり、年間を通して生産されています。市内直売店では、人気商品のひとつです。
そのほか、市では6次産業(1次生産+2次加工+3次販売)を促進しており、佐倉産の野菜などを市内で加工・販売できるよう進めています。

■地元の野菜を地元で消費(地産地消) 学校給食・直売所
「佐倉で取れた産物を、佐倉で消費しよう」という取り組みの一環として、市内小中学校の学校給食で提供するお米は、佐倉で収穫したものを100%使用しています。佐倉の新鮮な野菜を使ったメニューも取り入れています。
また、市内には農産物直売所が9か所あり、旬の佐倉産農産物を買うことができます。
それぞれの直売所によって、地域の特色や個性を生かした運営がなされています。ぜひお立ち寄りいただき、佐倉産の果物や野菜を味わってみませんか。
直売所】:・JA千葉みらい農産物直売所野菜畑佐倉店
・佐倉きのこ園
・やとみ直売所
・和田あぐりマーケット
・農産物直売所樫の木
・佐倉草ぶえの丘直売所
・マルシェかしま
・金子牧場
・Grace Harvestオーガニック
※場所など詳細は市ホームページ http://www.city.sakura.lg.jp/0000004736.html で

■水稲農家と畜産農家が連携しています WCS(ホールクロップサイレージ)
「WCS」とは、水稲農家が作った稲の茎と葉を発酵させて製作する飼料で、市内の畜産農家に供給され、安定的な飼料確保につながっています。主食用米の需要が減少するなか、耕作放棄地が解消されています。
WCSの供給を受けた畜産農家から、水稲農家に堆肥が提供されることによって、地域内の資源循環が図られています。
市では、WCSの生産に必要となる機械導入への支援、WCSに取り組みたい水稲農家とそれを活用したい畜産農家への情報提供などを実施し、連携を促進しています。

■新たに農業を始めたいかたを応援します 農業者補助事業
市では、市内で新たに農業を始められるかたへ、必要な機械や資材の購入の経費や、農地を借りる場合の経費などを補助する農業振興補助金があります。就農に係る計画作成のアドバイス、農地や農家住宅の情報提供など、さまざまなサポートをしています。そのほか、国などによる補助制度もあります。平成18年から新規就農者の受け入れを始め、今まで33農家が誕生しています。
新規就農されたかたの、畑などで収穫した新鮮な生産物を、直売所で販売したり、障害者支援施設でパックに詰め、希望者に配達する「ユニバーサル農業さくら野菜お届け便」を行っています。「お届け便」は、障害のあるかたの就労機会の拡大と、新規就農者の販路として機能しています。
平成23年に立ち上げた「佐倉市新規就農者の会」は、新規就農者相互のコミュニケーションを図る場となっています。
東京大学農学部学生の宿泊体験学習にもご協力いただき、学生の指導にあたっていただきました。(写真…8月)

◆農業者と畜産業者を対象とした補助事業もあります
市では、新規就農者を対象とした助成制度以外にも、農業者と畜産業者を対象とした補助事業を実施しています。
「新たな農産品を創出したい」、「経営規模を拡大したい」、「安定した生産を行いたい」、「生産の効率化を図りたい」、「生産コストの削減を図りたい」など、希望のあるかたはご相談ください。

■農業生産工程管理(GAP)に取り組んでみませんか
GAPとは、農場にとってリスクにつながる気をつけるべきポイントを「食品安全」「環境保全」「労働安全」の視点でチェックし、さまざまなリスクが起こらないように改善していく農場管理手法のことです。
東京オリンピック・パラリンピック(2020年)をきっかけとして、実需者が生産者にGAPの取り組みを求める機会が増えることが想定されます。GAPに取り組むことで、農業経営の問題点が明らかになり、効率化や、リスク回避などに有効となりまり、農業者自身を守ることにもつながります。手続きをすることにより、GAP認証を取得することができます。

問合せ:農政課
TEL/484-6142

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 佐倉市 〒285-8501 千葉県佐倉市海隣寺町97番地