ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

消費生活相談から ネット通販の定期購入トラブルにご注意を!

31/58

千葉県佐倉市

〜「お試し」のつもりが定期購入だった〜

お試しのつもりでインターネット通販でキャンペーン価格の健康食品を購入したところ、実際は定期購入だったというトラブルが急増しています。

●事例
インターネット広告で見つけた健康食品をお試し価格の500円で申し込んだ。
一度限りだと思ったのにまた商品が届いた。広告を見直して見ると、お試し価格のキャンペーン品とは別に通常価格で3回の商品購入が条件となっていることに気付いた。
業者にキャンセルを申し出たら、3回の定期購入が終わるまで解約できないと言われた。

●相談員から
通信販売はクーリング・オフ制度がないため、広告に解約・返品等の取引条件について、具体的にわかりやすく表示することが義務付けられています。
しかし、ネット広告で「今だけ、特別価格○○円」など、消費者の興味をそそる部分だけが強調され、取引における重要な事項の文字が小さく目立たない場合や、見逃したりする場合があります。
「お試しだから」「安いから」とすぐ申し込まず、定期購入が条件になっていないかどうかや解約の条件、返品ができるか、できる場合の条件など、しっかりと契約内容の確認が必要です。
また、健康食品などは自分に合うかどうか使用してみなければわかりません。
体調不良が生じても、解約できるとは限らないので、定期購入が条件となっている契約には注意が必要です。
業者に解約を申し入れようと電話・メールをしてもつながりにくいケースもあります。

●消費者へのアドバイス
・通信販売は、クーリング・オフはできません。
返品の可否や条件などは、広告に記載された内容に従うことになります。(なお、広告に返品についての記載がない場合は、受け取った日から8日以内であれば、消費者の送料負担で返品できます)
・お試しという言葉に惑わされて、すぐに申し込むことなく、最後まで広告をしっかり読んで、購入や返品条件を確認してから購入を決めましょう。
・申し込む際には、広告や通販サイトの規約や確認画面を保存・印刷しておきましょう。
・困ったときは、すぐに消費生活センターに相談しましょう。

問合せ:消費生活センター
TEL/483-4999
FAX/483-8604
http://www.city.sakura.lg.jp/soshiki/4-3-0-0-0_10.html

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU