ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

市内施設の使用料・証明書発行等の手数料を改定します

25/58

千葉県佐倉市

行政サービスを受けるかたと受けないかたとの公平性を確保することを最大のポイントとして、市内施設の使用料・証明書発行等の手数料の一部を改正することといたしました。新料金は、原則として平成30年4月1日の利用から適用されます(一部の施設は指定管理者の切り替えに合わせて、平成31年4月1日から適用されます)。
今後も行政サービスの向上に努めてまいりますので、ご理解くださいますようお願いいたします。

市の施設の運営や証明書の発行など、行政サービスにはコストがかかっており、このコストは市民が納める税金と利用者が負担する使用料・手数料により賄われています。
使用料・手数料については、「税金を納めているのに、なぜさらに使用料・手数料を払わなければならないのか」、「自分が納めた税金で、なぜ自身が利用しない施設が管理・運営されるのか」などのご意見があることから、双方にご理解をいただけるよう、受益者負担の適正化、積算基準の明確化に努めました。

■改定の方針
・統一的な算定方式によりコストを算出す
・行政サービスの性質に応じて、公費(市)と受益者(利用者)の負担割合を明確にする
※受益者負担割合については、手数料は100%、使用料は、市場性(民間による類似サービスの有無)が高い施設は100%、低い施設は50%とする
・急激な利用者の負担増を抑制するため、原則として現料金の1-5倍を上限とする
・他自治体との均衡や民業圧迫に配慮する
・夜間の割増料金を廃止する
・市民以外が利用する場合は、市民が利用する場合の原則2倍に統一する
・今後は4年ごとに定期的な見直しを実施する

■施設使用料の改定について
改定内容など詳細は、企画政策課ホームページをご覧いただくか、ご利用の各施設へお問い合わせください。
[平成30年4月1日から使用料を改定する主な施設と改定額]

[平成31年4月1日から使用料を改定する主な施設と改定額]

■証明書発行等の手数料について
[平成30年4月1日から改定する主な手数料]

問合せ:市民課
TEL/484-6122

問合せ:企画政策課
TEL/484-3374

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU