ユーザー登録
文字サイズ

こうほう佐倉 2017年10月15日号(1271号)

地域の活性化と人材育成に中・長期の協力へ 津田塾大学と連携・協力に関する協定を締結

11/58

千葉県佐倉市

佐倉市と津田塾大学は、これまでの協力実績を踏まえ、地域の活性化と教育・研究および人材の育成を図ることを目的に、連携協力に関する協定を締結しました(9月21日)。

■佐倉市と津田塾大学の関わり
津田塾大学の創設者である津田梅子は、近代農業の普及に務めた佐倉出身の農学者・津田仙の娘で、日本近代における女子教育の先覚者です。この歴史的なつながりを生かし、これまで同大学から、梅子に関する資料の提供や講演など、さまざまな協力をいただいてきました。

■今後の取り組み
今後は、津田塾大学が得意とする英語教育を生かした連携や津田梅子と父・仙に関する研究および活用に関する相互協力をよりいっそう進めていきます。
また、平成29年度に新設された総合政策学部(千駄ヶ谷)は、現代社会の課題解決の実践的な学びを行うこととしており、佐倉をフィールドとして活用いただく予定です。

■連携・協力の項目
・教育・文化の振興と発展に関する事項
・国際化の推進に関する事項
・人材の育成に関する事項
・地域活性化に関する事項
・その他両者が協議し必要と認める事項

問合せ:企画政策課
TEL/484-3374

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

非公開: こうほう佐倉 2017年10月15日号(1271号)

地域の活性化と人材育成に中・長期の協力へ 津田塾大学と連携・協力に関する協定を締結

11/58

千葉県佐倉市

佐倉市と津田塾大学は、これまでの協力実績を踏まえ、地域の活性化と教育・研究および人材の育成を図ることを目的に、連携協力に関する協定を締結しました(9月21日)。

■佐倉市と津田塾大学の関わり
津田塾大学の創設者である津田梅子は、近代農業の普及に務めた佐倉出身の農学者・津田仙の娘で、日本近代における女子教育の先覚者です。この歴史的なつながりを生かし、これまで同大学から、梅子に関する資料の提供や講演など、さまざまな協力をいただいてきました。

■今後の取り組み
今後は、津田塾大学が得意とする英語教育を生かした連携や津田梅子と父・仙に関する研究および活用に関する相互協力をよりいっそう進めていきます。
また、平成29年度に新設された総合政策学部(千駄ヶ谷)は、現代社会の課題解決の実践的な学びを行うこととしており、佐倉をフィールドとして活用いただく予定です。

■連携・協力の項目
・教育・文化の振興と発展に関する事項
・国際化の推進に関する事項
・人材の育成に関する事項
・地域活性化に関する事項
・その他両者が協議し必要と認める事項

問合せ:企画政策課
TEL/484-3374

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 佐倉市 〒285-8501 千葉県佐倉市海隣寺町97番地