ユーザー登録
文字サイズ

こうほう佐倉 2020年3月1日号(1328号)

【まちネタ】まちの気になる話題をおとどけ

10/51

千葉県佐倉市

東京2020オリンピック・パラリンピック みんなで応援しよう!

■障害や障害のある人への理解を促進するために パラリンピック競技体験会
小学生や保護者に、パラリンピック競技の体験を通じて、「障害者スポーツの周知と普及」や「障害や障害者への理解促進」を図るとともに、東京パラリンピックを盛り上げるため、順天堂大学と一般社団法人日本ゴールボール協会の協力のもと、佐倉市民体育館で「パラリンピック競技体験会」を開催しました。(1月11日)
小学1年生から6年生までの81人の児童は、3つのグループに分かれて、「ボッチャ」「車いすバスケットボール」「ゴールボール」を、それぞれ30分ずつ体験しました。
参加した児童は、「目の不自由な人の気持ちがわかった」「体が不自由な人と一緒にできるスポーツがあることがわかった」「どの競技も難しくて、選手の人はすごいと思った。パラリンピックを観るのが楽しみになった」など、満足している様子でした。

■千葉県で開催される競技を体験 市内小学校レスリング教室
東京オリンピックにおいて、幕張メッセを会場に行われるレスリング競技を体験してもらうため、県が、日本レスリング協会の協力のもと、寺崎小学校6年生を対象に、レスリング教室が行われました。(1月20日)
教室では、日本レスリング協会女子強化委員会委員の冨田和秀さんが講師を務め、補助員として、県立四街道高校レスリング部4人が、講師をサポートしました。参加した児童68人は、国際大会でも使用する公認マットの上で、高校生を相手に低い姿勢から猛タックル。大きな高校生をひっくり返すと、笑顔を輝かせていました。児童は、「相手を倒すのは難しかったけれど、楽しかった」「千葉で開催される競技なので興味はあるし、選手には頑張ってほしい」と話していました。講師の冨田さんは、「このような体験を通じて、少しでも多くの児童にレスリングに興味を持ってもらいたい」とレスリング教室を振り返りました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 佐倉市 〒285-8501 千葉県佐倉市海隣寺町97番地