ユーザー登録
文字サイズ

こうほう佐倉 2019年12月15日号(1323号)

地域の身近な相談相手〜民生委員・児童委員〜

1/50

千葉県佐倉市

《誰もが安心して生活できる地域づくりのために》
■地域のつなぎ役として、さまざまな活動をしています
少子化や核家族化が進み、地域社会のつながりが薄くなっている今、誰にも相談できずに孤立してしまうかたが増えています。そこで、地域の中で大切な役割を果たすのが、民生委員・児童委員です。

●民生委員・児童委員とは
民生委員・児童委員は、地域の身近な相談相手として生活上の心配ごとの相談に応じ、行政や専門機関への「つなぎ役」として活動しています。
また、地域の見守り役として、定期的な訪問などにより高齢者世帯や子どもたちの見守りを行っています。
民生委員法、児童福祉法に基づき、厚生労働大臣から委嘱された無報酬のボランティアとして、非常勤の地方公務員として位置づけられています。

●204人の委員が活動しています
市内には、204人の民生委員・児童委員がおり、担当する区域で、見守り・相談・連絡などの業務を行っています。
また、市内8地区に協議会が設置され、毎月の定例会のほか、各地区の特徴を活かした活動を行っています。

●主任児童委員について
民生委員・児童委員の中には、子どもを専門に担当する「主任児童委員」がいます。市内に14人おり、区域担当の民生委員・児童委員と協力して、子育て支援や児童健全育成に取り組み、児童が安心して豊かに暮らせる地域づくりを推進しています。

●地域での孤立をなくすために
・ひとり暮らし高齢者などの訪問、相談対応、見守りを行っています。
・高齢者が集う「いきいきサロン」や地域での活動に協力しています。(例:わくわく体操)
・地区社会福祉協議会と連携し、配食サービスに協力しています。

●住民の安全・安心なくらしのために
・新たに75歳になられたかたに、救急医療情報キットを配布しています。
・自治会などと連携し、避難行動要支援者をサポートしています。

●子どもたちが明るく健全に育つために
・小・中学校の通学路や校門前で、あいさつ運動や見守り活動を行っています。
・関係団体と連携し、夜間パトロールに協力しています。
・ボランティアと連携し、学習支援や居場所づくりに協力しています。(例:ねっこの会)

■民生委員・児童委員が一斉改選されました
民生委員・児童委員の任期は民生委員法により3年と定められており、本年12月1日に全国一斉改選が行われました。
委員は全国統一のバッジを身につけ、千葉県知事発行の「民生委員・児童委員証」を携帯して活動しています。

■候補者推薦にご理解ご協力をお願いします
候補者の推薦については、各自治会などにお願いしていますが、12月現在、13の区域が欠員となっています。
民生委員・児童委員の欠員地区については、近隣の地区を担当する民生委員・児童委員がカバーせざるを得ない状況となっており、受け持ちの区域や世帯数が増加することにより負担が増え、住民への支援が行き届きにくくなることが懸念されています。
お互いが支え合う地域づくりのため、民生委員・児童委員の選出に、地域の皆さまのご理解とご協力をお願いします。

《佐倉市民生委員・児童委員協議会 小林会長に、お話を伺いました》
民生委員などの地域活動を続けて20年以上になります。台風などの災害の時には、支援が必要な人たちに声かけを行い、早めの避難を呼びかけました。頼りにしてもらえるのはとても嬉しいですし、やりがいを感じます。
また、地域で子どもたちの学習支援や居場所づくりの活動もしており、地域を通して活動の輪が広がっています。これからも誰もが安心して暮らせるように、日ごろから声かけなどを行い、信頼関係を築いていきたいです。

●地域の身近な相談相手です
民生委員・児童委員は、地域のみなさんの相談相手です。
相談内容に応じて、必要な支援が受けられるよう、地域の専門機関との「つなぎ役」になります。生活上の不安に関すること、子育てに関すること、介護に関することなど、日常の生活で気になっていることがあれば、お気軽にご相談ください。

●秘密を守ります
民生委員・児童委員は、法律により守秘義務がありますので、相談内容の秘密は守られます。個人情報やプライバシーの保護に配慮し、支援活動を行っています。

●お気軽にご相談ください
お住まいの地域を担当している民生委員・児童委員がわからない場合は、社会福祉課までお問い合わせください。

問い合わせ:社会福祉課
【電話】484-6135

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 佐倉市 〒285-8501 千葉県佐倉市海隣寺町97番地