ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

10月25日の大雨~大きな爪痕を残す~

1/39

千葉県佐倉市

10月25日、千葉県を集中豪雨が襲いました。
佐倉市でも12時間で248ミリの降水量を記録し、市内各所で被害が出ました。
※被災者支援制度のご案内は、2・3ページをご覧ください

■市内の被害状況(11月6日現在)
浸水による家屋被害…68棟
(床上)…18棟
(床下)…50棟
道路冠水…61件
道路破損…75件
がけ崩れによる家屋被害…10棟
土砂崩れ…118件
(道路)…84件
(民地)…34件

〈被害に遭われた皆さまに心よりお見舞い申し上げます〉
このたび千葉県を襲った豪雨災害でお亡くなりになられたかたのご冥福を心からお祈りしますとともに、ご遺族の皆さまに心からお悔やみ申し上げます。また、被災された多くのかたがたに心からお見舞い申し上げます。
佐倉市は、台風15号の強風で、倒木による大規模な停電や、建物被害・農業被害などが市内各地で発生いたしました。さらに台風19号の影響も残る中、10月25日の豪雨により、鹿島川・高崎川などの越水が発生し、道路冠水や浸水による家屋被害、がけ崩れによる家屋被害や道路破損、また農業被害など、大きな被害が発生しております。
市では、25日の朝から大雨の情報収集に努め、応急対応を行いました。被害の拡大や警報の発表によりまして、同日午後1時に災害対策本部を立ち上げるとともに、避難所の開設、避難勧告・避難指示を発令いたしました。また、被害を最小限にとどめるため、佐倉市消防団、消防署、佐倉警察、佐倉市建設業防災協会、国などの関係団体と市職員の水防班などが協力し、住宅地や道路の排水作業、道路通行止め、がけ崩れの応急対策など、昼夜を問わず災害対応に取り組んでまいりました。
今後も、市民の皆さまが一日も早く普段の生活に戻れるよう、国、県そして市議会と連携を図りながら、被害の早期復旧に取り組んでまいりますので、皆さまのご理解・ご協力をお願いいたします。
今回の災害におきまして、自衛隊をはじめ、多くの企業、団体、市民の皆さまのボランティアなど、さまざまなご支援をいただいております。支えてくださった皆さまに市を代表して心より御礼申し上げます。
市では、台風・地震をはじめとする災害対応として、これまでもさまざまな対策を進めてまいりましたが、今回の災害を新たな教訓に、ハード・ソフトの両面から、より災害に強いまちづくりを目指し取り組んでまいります。
今後ともご支援ご協力を引き続きお願いいたします。

佐倉市長 西田三十五

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU